長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導(飯田市鼎・健和会病院横)

かなえ ひまわり薬局

スタッフブログ

お疲れ様会

投稿日:  カテゴリー:かなえひまわり薬局日記  from:suzu

2月~3月にかけて、春休みをということで薬学生K君がアルバイトに来てくれました。

忙しい時期だったのでとても助かりました。

頑張ってくれたK君&年度末のお疲れ様会をしました。

焼き肉「覇王」にて (o^―^o)ニコ

焼き肉美味しかったです!!!来年度も頑張らねば!

 

 

 

広報誌ひまわりのたね No.55

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね  from:yui

健康診断などで血液検査をした際、コレステロール値が高いと言われた事はありませんか?

LDLコレステロール、HDLコレステロール、悪玉コレステロール、善玉コレステロール・・・

言葉は聞いたことがあるけど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。

ひまわりのたね№55ではコレステロール・中性脂肪について取り上げていますので、ぜひご覧ください(´-`*)

学習会:エプクルーサ配合錠

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

エプクルーサ®配合錠のメーカー学習会を行いました。

エプクルーサ®配合錠はギリアド社が発売を予定してるC型肝炎治療薬です。

核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害剤のソホスブビルとNS5A阻害薬であるベルパタスビルを配合した製剤であり、NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬を含まない(PIフリー)DAA配合錠です。

効能・効果は「前治療歴を有するC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」および「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」です。

特徴は、①すべてのジェノタイプに効果が期待できる(パンジェノタイプ)②非代償性肝硬変に適応を持つ ことです。

これまで「C型慢性肝炎」や「C型代償性肝硬変」では治療薬があるのに対し、「C型非代償性肝硬変」には承認された治療薬がありませんでした。また、既存のDAA治療不成功の症例に対する治療の選択肢も限られていました。

エプクルーサ®配合錠は従来薬で治癒しなかった患者さんや非代償性肝硬変に適用できる期待の新薬です。

C型肝炎治療は、インターフェロン単独療法の時代を経て、インターフェロンフリーのDAA製剤が登場し、この間新しい製剤が相次いで開発されてきましたが、今回また新たなDAA製剤が登場しました。医学の進歩はすごいです!

 

 

第24回飯伊病診部会学術研修会・特別講演会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

2月9日(土)にシルクホテルで開催された第24回飯伊病診部会学術研修会・特別講演会に出席しました。

学術研修会では4つの演題発表がありました。

ワルファリンとメトロニダゾール併用による抗凝固能が亢進した症例、がん化学療法によるステロイド高血糖の症例、感染対策チームの活動、「出前健康講座」の活動の報告がありました。発表を通して病院での薬剤師の活動を知ることができ、とても興味深かったです。

特別講演会は、飯田病院循環器内科の横田大介先生をお招きして、「動脈疾患/静脈疾患と薬剤」~循環器領域におけるいわゆる血液サラサラ薬~というテーマでご講演頂きました。

動脈疾患では、冠動脈ステント治療について実際の画像を用いながら紹介して頂き、治療後の抗血小板剤の使い方を詳しく説明して頂きました。

静脈疾患では、静脈血栓塞栓症(急性肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症)の病態について説明して頂き、抗凝固薬(DOAC)のそれぞれの特徴について説明して頂きました。

実際の血管画像を見る機会はないので、バルーンで拡げてステントを入れることによって、詰まった血管に再び血液が流れ出す様子はとても感動的でした。

広報誌ひまわりのたね No.54

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね  from:yui

花粉症は今や日本人の4~5人に1人が悩まされていると言われるまで広がっています。

ひまわりのたね№54では、花粉症と花粉症の治療薬について紹介しています。

花粉症に今悩まされている方も、まだ私は大丈夫!と思っている方もぜひ参考にしてみてください。

 

スタッフブログ 飯田市かなえひまわり薬局 長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導

Copyright (c) 2012 かなえひまわり薬局 All Rights Reserved.

▲PageTop