長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導(飯田市鼎・健和会病院横)

かなえ ひまわり薬局

学習会

2019長野県民医連 学術・研究発表会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

12月8日(日) 松本市の駅前会館において長野県民医連学術・研究発表会が行われました。

ひまわり薬局からは7名参加しました。

今年度は11演題の発表がありました。

「吸入指導の薬薬連携」「疑義照会の分析」「睡眠薬の減量」「腎機能低下患者への薬剤投与量の適正化」「奨学生交流集会」「ヒヤリハット」「GS-1コードを用いたミス対策」など、どの発表もとても興味深かったです。

当薬局からは『ポリファーマシーの取り組み』について発表しました!

特別講演は、中外合同法律事務所 弁護士・薬剤師 赤羽根秀宣先生をお招きし『薬剤師に必要な法律の知識』というテーマでご講演頂きました。

1.薬剤師の法的責任:過去の裁判例を交えながら、薬剤師の法的責任(刑事責任・行政責任・民事責任)について説明してくださいました。

2.服用期間中のフォロー:医薬品医療機器法、薬剤師法の条文をお示し頂き、「薬剤師は必要があると認める場合、継続的かつ的確に把握し、情報提供指導を行い、積極的なフォローが必要である」ことの重要性を学びました。

3.薬剤師の義務と医薬品医療機器法改正の影響:①情報提供義務及び指導義務 ②添付文書と薬剤師の義務 ③患者からの情報の確認義務 ④疑義照会義務について、過去の事例を紹介して頂きながら、薬剤師の責任について詳しく説明してくださいました。

接遇学習会を行いました!

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:suzu

健和会病院看護師長で医療コーディネーターの筒井久美子さんに講師をお願いし『薬局における接遇』について学習会を行いました。

1時間という短い時間でしたが、医療従事者における立場での内容で共感できることがたくさんありました。

筒井さんの経験や体験も例に挙げて下さり、とても分かりやすく、明日から活かせる内容でした。

筒井さん ありがとうございました!(^^)!

数年前にも講師を呼んで学習会を行っていましたが、時間が経つとだんだん薄れてきてしまっていました・・・。

今回またあらたに行えたことはとてもよかったです。

患者さんに対しても職員に対しても 思いやりの心を持って対応したいとおもいます。

 

飯田下伊那薬剤師会 薬局部会研修会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

11月22日(金) やまなみ薬局で開催された薬局部会研修会に出席しました。

信州大学医学部附属病院整形外科の中村幸男先生をお招きし、「関節リウマチの骨破壊とアダリムマブについて」というテーマでご講演頂きました。

・①非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を3ヵ月飲んでも効かない ②CRP1.0以上 ③微熱が続く 以上①~③の場合はリウマチを疑ってほしい。

・よく見られる合併症:骨粗鬆症、不眠、貧血、うつ、シェーグレン症候群など

・炎症性サイトカインがうつに影響している。心因性の疼痛も多いため、患者さんの話をしっかり聞いてあげることが大切。ノセボ効果あり。

・治療薬の変遷:消炎鎮痛薬→ステロイド→抗リウマチ薬→生物学的製剤→JAK阻害剤

・リウマチ治療薬を一生飲まないといけないと思っている医者とよくなれば中止していいと思っている医者は半々。

・第一選択薬はメトトレキサート(MTX)。日本では分割投与するが、アメリカでは朝1回で全部服用してしまう。死亡率が高いので、eGFRとCcrは定期的に測定する。煎茶は葉酸を多く含むため、煎茶で飲んではいけない。

・関節リウマチ患者のアンメットニーズ(unmet needs):倦怠感、不眠

・骨密度を上げるには亜鉛を摂取するといい。亜鉛は牡蠣・サーロイン・納豆に多く含まれる。

・生物学製剤で気をつけることは?→帯状疱疹、悪性腫瘍

関節リウマチの病態、合併症、治療薬の変遷など幅広い内容で説明してくださいました。

令和元年度長野県薬剤師認知症対応力向上研修会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

10月22日(火)、伊那文化会館で行われた令和元年度長野県薬剤師認知症対応力向上研修会に出席しました。

Ⅰ. 基本編    長野県薬剤師会  専務理事  石塚 豊様

厚生労働省から出されている「新オレンジプラン」について説明がありました。「新オレンジプラン」の基本的な考え方は『認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会を目指す』ことです。

基本編では、認知症の種類、病態、治療、ケアに関する基本的な知識ついて学びました。

Ⅱ. 対応編    長野県薬剤師会  専務理事  石塚 豊様

・服薬指導、地域の中での認知症の徴候のある人に対する「気づき」

・かかりつけ医や関係機関機関等との連携により、早期診断・早期対応への「つなぎ」

・在宅医療を含め適切な薬物療法(薬学的管理)を実施し、治療と生活を「支える」

「気づくこと」「つなげること」「支えること」の重要性、その対応の方法についてDVDや症例を通して学びました。

Ⅲ. 制度編    長野県健康福祉部保険・疾病対策課  保健師  坂元 亜紀 様 / 伊那市保健福祉部福祉相談課相談支援係  係長  木ノ嶋 志津子 様

介護サービス利用の手続き、利用できるサービスなど制度に関することや地域包括ケアシステム、ケアマネージャー・訪問看護師等の役割、社会資源などについて学びました。また、伊那市の施策としてイーナ介護なんでも相談所・伊那市認知症見守りネットワーク・認知症カフェ・認知症の方の運転免許証返納などの取り組みについてご紹介頂きました。

在宅医療推進のための多職種連携研修会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

10月18日(金)飯田公民館において在宅医療推進のための多職種連携研修会が行われました。

飯田下伊那薬剤師会の主催で、薬剤師の他、看護師・保健師・管理栄養士・歯科衛生士・鍼灸師・ケアマネージャー・生活相談員など様々な職種の方が80名程集まりました。A~Hまでのグループにわかれ、課題の症例について問題点などを自由に意見交換しました。

私たちのグループでは

・3つの科を受診されており、大量に残っている薬をどうしたらいいか

・食前・食後など複雑な飲み方の薬を簡素化できないか

・最近痩せてきている・・・入れ歯が合っていない

・夜中トイレに起きて歩く際にふらつきあり、歩行が心配

・自宅のお風呂は捕まるところがなく入りづらくなっている

以上の問題点をあげ、解決に向けて意見を出し合いました。

初対面の方が多くちょっと緊張してしまいましたが、研修会後には懇親会も開かれ楽しい一時を過ごすことができました(^^)

学習会 飯田市かなえひまわり薬局 長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導

Copyright (c) 2012 かなえひまわり薬局 All Rights Reserved.

▲PageTop