長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導(飯田市鼎・健和会病院横)

かなえ ひまわり薬局

地元(飯田)情報

飯田下伊那薬剤師会公開講座のお知らせ

投稿日:  カテゴリー:地元(飯田)情報  from:suzu

飯田下伊那薬剤師会で毎年行われてい公開講座が9月8日(日)に行われます。

今年は、麻木久仁子さん講演『病を乗り越えて~今を美しく生きる~』です。

毎年人気の講演会です。ひまわり薬局でも申し込みを受け付けています。

ご希望の方はお早めにお申し込みください!

詳しい内容は、薬剤師会のホームページに載っていますのでご覧ください

8/20飯田線全線開通80周年

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね, 地元(飯田)情報  from:ito


 昭和12年(1937年)8月20日に静岡県内の区間がつながり、豊橋駅から辰野駅まで現在のJR飯田線が全線開通したのですね。
 今年は、JRと自治体が長野県の観光宣伝を大々的に展開する「信州デスティネーションキャンペーン」開催とあわせて、飯田線全線開通80周年記念の観光列車も特別に運行されるようです。
 
 なお、かなえひまわり薬局の広報誌「ひまわりのたね」2017年7月発行分では、こむらがえりについてお伝えしています。

5/21NHK『おんな城主 直虎』

投稿日:  カテゴリー:地元(飯田)情報  from:ito

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、主人公・直虎のいいなずけ亀之丞が9歳から20歳まで育ったのが、井伊谷の龍潭寺と関係が深かった高森町下市田の松源寺。
 そこで、5月21日(日)に予定されている第20回放送分では、本編終了後の「直虎紀行」のコーナーに高森町や飯田市のドラマゆかりの地が登場するそうですね。

飯田市制80周年

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね, 地元(飯田)情報  from:ito

 飯田市が発足して今日でちょうど80年になるのですね。
 「飯田市のあゆみ(歴史/沿革)」によれば、昭和12年4月1日に飯田町と上飯田町が合併して飯田市が発足、その後も周辺町村との合併を繰り返しながら現在の飯田市になったそうです。
 4月16日(日)には飯田市議会議員選挙が行われます。この80週年の節目に当たる今年の市議会議員選挙でも、これからの飯田市を築いていく私たちの代表をしっかり選びたいですね。

 ところで、かなえひまわり薬局の広報誌「ひまわりのたね」2017年4月発行分では、睡眠にまつわる情報をお伝えしています。

2017年の桜の開花予想

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね, 地元(飯田)情報  from:ito

 飯田保健福祉事務所の発表によると、飯田下伊那地域では2月27日にスギ花粉の飛散が始まったのですね。
 昨日は日本気象協会から桜の開花予想が発表されました。全国的にほぼ平年並みのようですね。飯田市内では、天竜峡で今月31日に開花、大宮通りで4月3日に開花・4月8日に満開のようです。

 なお、かなえひまわり薬局の広報誌「ひまわりのたね」2017年3月発行分では、骨を丈夫にする方法を御紹介しています。

地元(飯田)情報 飯田市かなえひまわり薬局 長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導

Copyright (c) 2012 かなえひまわり薬局 All Rights Reserved.

▲PageTop