長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導(飯田市鼎・健和会病院横)

かなえ ひまわり薬局

スタッフブログ

南信糖尿病合併症治療フォーラム2019

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

10月8日(火)飯田市立病院で開催された南信糖尿病治療フォーラムに出席しました。

基調講演『SGLT2阻害薬の4年間の使用経験』 健和会病院 透析センター部長 熊谷悦子先生

2019年4月~6月までのダパグリフロジン(フォシーガ®)投与患者294例のデータを解析しお示し頂きました。

様々な角度からの分析で、ついていくのが大変でしたが・・・

・HbA1c:投与前8.1→投与後7.5 有意な低下が認められた。スタート時の値が高いほどしっかり下がる。

・eGFR:投与前72.7→投与後70で維持。改善する症例も認められた。

・体重:投与前80Kg→投与後○○Kg 体重低下は有意ではないが、症例によっては10Kg以上下がっているケースもある。

特別講演『糖尿病性腎症の発症・進展抑制を踏まえた糖尿病治療』JA長野厚生連 北信総合病院 院長 洞和彦先生

SGLT2阻害薬の使用成績や大規模臨床試験(EMPA-REG OUTCOME試験、CANVAS試験、DECLARE-TIMI試験)の結果をご紹介いただき、今後の糖尿病治療のあり方やSGLT2阻害薬の使用についてご講演頂きました。

・eGFRが年間20%減る症例は5年以内に透析になっている。

・尿たんぱくが出ているということは、糸球体か尿細管のどちらかに障害が起きている。

・糖尿病から腎症を発症させないためにはアルブミン尿を減らすことが重要である。SGLT2阻害薬には腎保護作用が認められており、治療薬として重要な位置づけになってくると考えられる。

・SGLT2阻害薬の腎保護作用は近位尿細管のミトコンドリア抑制(?)

・SGLT2阻害薬は心血管イベント抑制効果も認められており、「心・腎保護薬」としての期待が高まっている。

・現在、心不全や腎臓病への適応拡大に向けた開発が行われている。今後、糖尿病の患者だけでなく、心・腎の幅広い領域での使用が期待されている。

SGLT2阻害薬は近位尿細管においてグルコースの再吸収を阻害して尿糖排泄量を増加させることにより、インスリンに依存せずに血糖値を低下させる新しい作用機序の経口糖尿病治療薬です。血糖値を下げるだけでなく、利尿作用や体重減少作用などの効果もあり、心血管イベント・死亡の抑制、心不全による入院の減少、腎機能悪化の防止が期待されています。今後に注目していきたいと思います。

ひまわりのたねNo.62「湿潤療法」

投稿日:  カテゴリー:ひまわりのたね  from:ito

 かなえひまわり薬局の広報誌「ひまわりのたね」2019年10月発行分では、湿潤療法についてまとめてみました。
 この湿潤療法は、傷を早く・きれいに・痛みもなく治せてしまう方法です。家庭でも対応できそうな軽い傷の場合に、ぜひお試し下さい。

原水爆禁止世界大会 報告会

投稿日:  カテゴリー:かなえひまわり薬局日記  from:suzu

長崎の世界大会に参加してくれて職員の報告会を行いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目で見て、肌で感じたくさんの事を学んできてくれました。

私も戦争の恐ろしさ、原爆の恐ろしさを次世代に伝えていけたらと思います。

ひまわりのたねNo.61「認知症」

投稿日:  カテゴリー:かなえひまわり薬局日記  from:ito

 かなえひまわり薬局の広報誌「ひまわりのたね」2019年9月発行分では、認知症についてまとめてみました。
 国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)が、9月21日を「世界アルツハイマーデー」9月を「世界アルツハイマー月間」と定ていることから、9月は国際的に「認知症月間」と言われています。
 認知症を正しく理解し、認知症の方や御家族への支え合いの輪を広げていきたいですね。
 

飯伊薬剤師会病診部会第1回研修会

投稿日:  カテゴリー:学習会  from:sio

8月21日(水) シルクホテルで開催された「令和元年度飯伊薬剤師会病診部会第1回研修会」に出席しました。

信州大学医学部整形外科の中村幸男先生をお招きし、「慢性疼痛の治療戦略」というテーマでご講演頂きました。

盛りだくさんの内容でちょっとまとめられないので、箇条書きにしたいと思います。

・痛みは気持ちによるところが大きい。診察時に患者さんが医師としっかり話せる時間は11秒というデータがある。どんな痛みなのか患者さんの話をしっかり聞いてあげることが大切。「この薬は高価な薬なので良く効きますよ」の一言で効果が出る場合もある。

・痛みの期間による分類:【急性疼痛】1ヵ月未満の炎症性の痛み【慢性疼痛】3~6ヵ月以上続く痛み

・痛みの原因による分類:【侵害受容性疼痛】炎症や組織損傷によって生じた発痛物質が末梢の侵害受容器を刺激することによって生じる痛み【神経障害性疼痛】損傷や疾患によって神経が障害されて引き起こされる痛み(雷が走るようなビリっとした痛み、ジンジン、ピリピリ、チクチクした痛み)

・シップの効く範囲:【モーラステープ】貼った周囲10~15㎝まで効く【ロコアテープ】肘に貼ると肩まで効く【ノルスパンテープ】全身

・主な鎮痛薬の特徴:【アセトアミノフェン】良い薬だが、気軽に手に入るため患者さんが自己判断で長期間飲んでしまうことが問題。【セレコックス】COX-2選択的阻害剤のため、胃腸障害が少ない。実はNSAIDsの中で心血管リスクは少なく、多いのはジクロフェナクとインドメタシン。【トラマドール】便秘・吐き気・眠気が出る。【サインバルタ】胃腸障害が少ないが、長期服用はお勧めしない。1~2週間がいい。長くても数カ月。【タリージェ】α2δ-1に結合するため、痛みによく効く。

・腰痛は男性で1位、女性で2位(女性の1位は肩こり)

・慢性腰痛では前頭葉の血流が落ちている。慢性腰痛はうつの人が多い。慢性腰痛では抑うつに伴う前頭葉機能低下が指摘されてきた。クイズやパズルをやって前頭葉の血流を良くすることで痛みが減るというデータがある。タクシードライバーはずっと運転しているにも関わらず腰痛が少ない(10人に1人くらい)のは、道を考えながら運転しているため。

・変形性膝関節症では片方治療すると両方良くなることがある(広汎性侵害抑制調節)。

・TKA(全人工膝関節置換術)術後遷延痛:手術が成功したのに痛いと思ってしまう。

中村先生のご講演を拝聴するのは今回3回目でしたが、いつも興味深い内容で、今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました。痛みに悩んでいる患者さんは大勢いらっしゃるので、先生のお話を参考にさせて頂き、患者さんの話をよく伺ってより良い治療が提供できればいいなと思いました。

スタッフブログ 飯田市かなえひまわり薬局 長野県民医連保険薬局/保険調剤/一般薬・衛生材料販売/居宅療養管理指導

Copyright (c) 2012 かなえひまわり薬局 All Rights Reserved.

▲PageTop